概要 

身体障害者手帳をお持ちでない難聴の児童に対して、補聴器を購入する際の助成を行います。

 

対象者

次の全ての条件にあてはまる方です。

  1. 補聴器を購入した日に市内に住所を有する18歳未満の方
  2. 両耳の平均聴力がおおむね30デシベル以上の方
  3. 身体障害者手帳の認定基準に該当しない方(該当する場合は、補装具費購入制度が使えます。詳しくはこちら)
  4. 本人の世帯の区市町村民税所得割最多課税者の納税額が46万円未満の方

 

対象となる補聴器

対象となる補聴器の種類や助成の金額などは次のとおりです。

補聴器の種類 基準価格に含まれるもの 基準価格 耐用年数
高度難聴用ポケット型
  1. 補聴器本体(電池を含む)
  2. イヤモールド

片耳の場合
38,150円

両耳の場合
76,300円

※基準額に満たない場合はその金額を助成します。

5年
高度難聴用耳かけ型
重度難聴用ポケット型
重度難聴用耳かけ型
耳あな型(レディメイド)
耳あな型(オーダーメイド)
  1. 補聴器本体(電池を含む)
骨導式ポケット型
  1. 補聴器本体(電池を含む)
  2. 骨導レシーバー
  3. ヘッドバンド
骨導式眼鏡型
  1. 補聴器本体(電池を含む)
  2. 平面レンズ

   

 手続き
  1. 次の申請書(○1 書き方の見本はこちら)をダウンロードします。
  2. 申請書にある医師意見書欄に医療機関で記載してもらいます
  3. 市へ提出します
  4. 決定をされたら、補聴器を購入した領収著(コピー不可)と請求書(○2 書き方の見本はこちら)を添えて市へ請求します
  5. 金額が振り込まれます。