趣旨

狛江市は、令和2年度から令和6年度までの5年間を計画期間と定める「狛江市第4次基本構想前期基本計画」を策定し、第4次基本構想に基づく8つの分野別のまちの姿の実現に向けて、具体的な施策及び方向性を示しています。8つの分野別のまちの姿の1つである、「持続可能な自治体経営」を、行財政改革の基本的な考え方を示すものとして、「狛江市第6次行財政改革大綱」と位置づけ、将来を見据えた長期的かつ戦略的な視点を持ち、常に現状と課題を振り返ることで、効率的かつ効果的に施策を実施するとともに、様々な工夫を凝らしながら財政基盤の強化に努め、先進技術等にも目を向けながら「持続可能な自治体経営」を目指していくとしています。

この「持続可能な自治体経営」に向けて、狛江市第6次行財政改革大綱に基づき、行財政改革を着実に推進するため、方向性毎に取組内容を提示したものとして狛江市第6次行財政改革推進計画を策定しました。

 

計画期間

 狛江市第6次行財政改革推進計画の計画期間は、令和2年度から令和6年度までの5年間とします。なお、今後の国や都の動向、新型コロナウイルス感染症感染拡大等の社会情勢の変化に伴い、財政状況及び事業内容に大きな影響を及ぼすことが考えられるため、必要に応じて、取組内容の修正及び見直しを行います。
 

 進捗管理と公表

 狛江市第6次行財政改革推進計画は、市長を本部長とする狛江市行財政改革推進本部において、毎年度、進捗管理を行い、推進計画に掲げた取組項目を全て点検し、進捗状況を分かりやすく公表します。

 

第6次行財政改革推進計画

計画

狛江市第6次行財政改革推進計画[ 472 KB pdfファイル]

 

進捗状況報告書

第6次行財政改革推進計画 令和2年度進捗情報報告書.pdf [ 3330 KB pdfファイル]