緑の基本計画とは、都市緑地法第4条第1項に規定されている「市町村の緑地の保全及び緑化の推進に関する基本計画」のことをいいます。この計画は、「狛江市都市計画マスタープラン」の施策を緑の側面から具体化し、狛江市における緑豊かなまちづくりを進めていくための指針となります。
 平成11年度の計画策定から10年以上が経過し、社会情勢や市民意識の変化に対応した緑化を推進するため、平成22年度より市内の緑の基礎調査を行い、平成24年度より調査結果等を踏まえ緑の基本計画の見直しを進め、平成25年3月に改正しました。

狛江市緑の基本計画(目標年度:平成44年度)

計画全文 [19349KB pdfファイル] 
 ※容量が大きいため表示しづらい場合は、下記の分割ファイルをご覧ください。

有償刊行物として、環境政策課にて1部600円で頒布しています。

■平成22年度緑の現況調査

 平成22年度に緑の現況調査を行い、狛江市の航空写真をもとに緑の現況(緑被率、みどり率、樹林地、緑地の現況)を把握・分析し、緑の課題を抽出しました。

 ●平成22年度狛江市緑の現況調査報告書 [4448KB pdfファイル] 

■平成23年度緑の実態調査

 平成23年度に大学と連携して緑の実態調査を行い、緑地の生態、保存樹・生垣の現状、緑地に関する科学的解析、住民の意識調査、緑地管理体験ワークショップ等を通して、市内の緑の実態を把握し、緑の将来像に関する提言を行いました。

 ●平成23年度狛江市緑の現況調査報告書 [13027KB pdfファイル] 

■狛江市緑の基本計画改定検討委員会

 緑の基本計画の改定にあたり、学識経験者、緑の保全に関係する事業者、農業従事者、公募市民で構成する狛江市緑の基本計画改定検討委員会を設置し、現行「緑の基本計画」の検証、課題整理、緑の将来像などについての検討を行っています。
 緑の基本計画の改定にあたっては、改定検討委員会のほかに、改定作業の委託先である東京農業大学の教授などで構成する「東京農業大学委員会」、計画を推進していく関連部署の課長相当職で構成する「狛江市緑の基本計画庁内検討委員会」があり、市民、事業者、専門家、市が連携して計画改定を進めています。

 ●狛江市緑の基本計画改定検討委員会会議録

■市民説明会

 平成24年11月16日(金曜日)に、小田急線高架下分室103・104会議室で「狛江市緑の基本計画」改定素案に関する市民説明会を開催しました。

 ●狛江市緑の基本計画改定素案に関する市民説明会会議録 [99KB pdfファイル] 

■パブリックコメント

 平成24年11月15日(木曜日)から12月14日(金曜日)まで、「狛江市緑の基本計画」改定素案に対するパブリックコメントを募集しました。

 ●パブリックコメント結果 [256KB pdfファイル]