内水ハザードマップとは

内水ハザードマップとは、大雨によって下水道などからあふれた水により想定される浸水の範囲と深さ、浸水の防ぎ方、避難方法などの情報をまとめた地図です。
自宅などの浸水リスクや浸水時の行動についてあらかじめ確認し、日頃から内水による浸水に備えてください。
※内水による浸水:大雨で下水道管や水路がいっぱいになり、マンホールや雨水ますなどから水が排水できなくなる場合に発生する浸水のこと。 

内水ハザードマップの配布状況

狛江市内水ハザードマップ(情報面) [2212KB pdfファイル]

狛江市内水ハザードマップ(地図面) [2455KB pdfファイル]

狛江市では令和3年6月に狛江市内水ハザードマップを作成し、全戸配布を行っています。
狛江市内水ハザードマップは下水道課窓口で配布しています。

ご利用にあたっての注意

  • 地下室、地下駐車場などの道路より低い宅地は浸水の程度に関わらず雨水が入り込む危険性があります。
  • 雨の強さや降り方によって、浸水する区域や浸水深が想定と異なることがあります。

 その他

狛江市防災マップ、狛江市洪水ハザードマップの確認はこちらから確認してください