趣旨

本プランは、令和2年3月に策定した「狛江市第4次基本構想前期基本計画(以下「前期基本計画」という。)」において、数ある重要な政策課題に効率的かつ効果的に取り組んでいくために設定している重点化した方向性のうち、「まちの姿8 持続可能な自治体経営(第6次行財政改革大綱)」を除いた35 の重点化した方向性について、その着実な推進を図っていくため、計画期間内に取り組んでいく主要事業等を示すことを目的に策定しました。

また、前期基本計画は前述したように平成31 年度中に策定したことから、新型コロナウイルス感染症対策については言及していません。コロナ禍においても、市が取り組んでいく施策の方向性は基本的には変わらないものの、新しい生活様式等を踏まえた新たな考え方や対応の必要性も生じてきています。そこで、本プランでは、コロナ禍を踏まえた新規事業の実施や既存事業の創意工夫による市の対応についても分野横断的に示していきます。

 

計画期間

 本プランの計画期間は、令和2年度から6年度までの5年間としています。
 また、市の財政状況や新型コロナウイルス感染症を含む今後の社会情勢の変化、国や都の動向、取組の進捗度合い等を踏まえ、必要に応じて見直しを行うこととします

 

進捗管理と公表

 本プランは、市長を本部長とする狛江市行財政改革推進本部において、毎年度、進捗管理を行い、推進計画に掲げた取組項目を全て点検し、進捗状況を分かりやすく公表します。

 

狛江市前期基本計画推進プラン.pdf [ 2027 KB pdfファイル]